ハイブリットカー ヒストリー

ハイブリットカーのヒストリー

ハイブリットカーのヒストリーは1896年に発表された
フェルディナント・ポルシェが最初だとされています。

 

1970年代から、地球温暖化の問題やCO2の排出削減、
燃料資源の問題等に世界の注目が集まっていたということもあり、
ハイブリットカーの開発が本格化していきます。

 

世界中の様々な会社が、ハイブリットカーの研究開発をしていましたが、
簡単に大量生産できる車を開発することができない状態が続いていました。

 

1997年になり、日本の大手自動車メーカーのトヨタが、
世界初のハイブリットカーの量産を開始させ、
初代のプリウスが販売開始されました。

 

トヨタのハイブリットカーのプリウスが発売されてから
2年後の1999年には、Hondaもハイブリットカーの
インサイトを発売開始しました。

 

2000年になると日産もハイブリットカーの
ティーノを台数を限定して発売しましたが、
ハイブリットカー市場への本格的な参入とはいきませんでした。

 

現状、国内におけるハイブリットカーの販売は、
トヨタとHondaの2つの自動車会社が引っ張っている状態にあります。

 

Hondaのインサイトがかなり大幅な値下げを発表したので、
トヨタのプリウスも価格設定の修正をして、高級な車という
印象が強かったハイブリットカーも手の届く価格帯になってきました。

 

地球環境に優しいハイブリットカーは、
自動車税が優遇される制度が導入されるなど、
行政側のアシスト体制もあるので、買う人も多くなっているみたいです。